AI OGATA

thank you

もう一つの世界

もう一つの世界。(いや、いくつか分からないけれど)

祖母がその世界に行って七ヶ月。
それはそれはさみしいものですが、しょうがないこと。
こちらの世界にいた時は、すぐに会える距離じゃありませんでした。
ここから、少し目に見えない話をしてみようと思います。

もう一つの世界に行く前に、会いに来てくれたことを感じました。
それは気配のようなもので、風というべきかわかりませんが、木々のざわつきと一羽の鳥の情景のようなものでした。
私は写真を撮るので、こういった気配に敏感なつもりですが
この時はいつもよりも、強い力で引き寄せられる、そういう感覚がありました。
その情景を見た、10分後くらいに母から知らせの電話がありました。

そして、半年くらい経った時、向こうでとても元気にやっていることも知らせてくれた。夢の中で、それはもう明るい楽しい、なんともスッキリとした顔で笑っていました。すごい元気よー!って言ってたんだなぁ。あんな表情をしている人はこの世にはいないというぐらい。そちらの世界ってものすごい楽しい場所なんだと思い、私まで楽しみになるほどでした。
ああ、良かった。と。

というようなことは目に見えない、
それが誰でも周りで本当に起きていることだと思います。
もう一つの世界からのメッセージのような事。

そういったことををたくさん感じている間に今年も三分の2が終わろうとしています。

aiogata

1 Comments on “もう一つの世界”

  1. Very good post! We will be linking to this particularly great article on our website. Keep up the great writing. Ginevra Wyatt Mita

turkce へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です